役立ち情報

特産品がもらえる「ふるさと納税」とは?税金控除の仕組みもあるよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふるさと納税という言葉を聞いたことはあるのではないでしょうか。

とはいえどんなものなのか良く分からない。やった方がお得なのか?

私自身も実際ふるさと納税とはどのようなものなのか知らないことばかりなので、仕組みを調べてみることにしました。

ふるさと納税について

ふるさと納税の特徴

ふるさと納税を一言で言うと町や市などの地域の自治体に寄付をすると、その地域の特産品や特典がもらえ、税金の還付や控除も受けられるというものです。

また、市町村などの各自治体ごとに特産品や特典が違うことが特徴で、あなたの現在住んでいる土地や出身地にかかわらず好きな自治体を選び寄付することが出来ます

さらには、1つの自治体だけでなく、複数の自治体に寄付することも可能です。

空お金

制度が作られた理由

元々は地方間格差や過疎などによる税収の減少に悩む自治体に対しての格差是正を推進するための新構想として、
2008年、第1次安倍政権のときに創設された制度です。

つまりは、特産品を餌に税金を得ることが出来るよ。ということですね。

 

ふるさと納税の使い道

ほとんどの自治体で、寄付をした方は、寄附した分のお金の使い道を選ぶことが出来ます。

国民は一般的に、政治家でもない限り税金の使い道を決めることは出来ません。

しかし、ふるさと納税だけが日本で唯一、税金の使い道を選べる制度です。

どのようなことから選べるかというと、震災復興関連、自然保護、文化・教育・生涯学習、観光、医療・福祉、公共設備、スポーツ振興、農林漁業・水産業・商工業、少子化対策、子育て支援など様々あり、申し込みの際に選べるようになっています。

 

税金の還付&控除

還付

ふるさと納税の特典として、寄付をすることで、税金が還付&控除されるという特徴があります。

ただし、税金が還付される(還ってくる)のは確定申告をした場合のみ所得税より還付されます。

ふるさと納税をすると各自治体から“寄附金受領証明書”という領収書がもらえ、それを確定申告の際に税務署に提出することで、税金が還付されます。

 

なんか面倒だという普段確定申告をしていない会社員の方に朗報です!

2015年の税制改正で、もともと確定申告が不要な給与所得者の場合年間5団体までの寄付なら申請書を寄付自治体にそれぞれ郵送することで確定申告が不要となります。(ワンストップ特例制度)

とはいえ、場合によっては確定申告をしたほうが簡単なケースもありますのでご注意ください。

 

住民税控除

少しややこしいですが、次は住民税の控除についてです。

寄付金控除には適用下限額【2,000円】があり、地方自治体に対する寄付の場合の特例の控除については、個人住民税所得割の「2割(20%)」までという制限があります。

また寄付する方の収入や家族構成により、控除上限額が決まります。

※収入や家族構成を入力することで、詳しい控除上限額が分かるサイトもございますので利用してみてください。
 →「ふるさとチョイス」

つまり、「2000円以上寄付しないと控除が受けられないよ~」、そして、「たくさんふるさと納税で寄付したって、控除には上限があるよ~」ということです。

例えば、控除上限額が30,000円だとした場合、その内訳は

自己負担金【2,000円】 + 控除金【28,000円(所得税+住民税)】 = 30,000円

となるわけです。

仮に40,000円寄付したとしても、控除上限により10,000円分は控除の対象にならないわけです。

 

特産品や特典の種類

特産品や特典は、ふるさと納税で寄付をした自治体の特産品や特典がお礼の品としてもらえます。

期間限定や時期限定のものもあり、寄付した金額に応じてもらえる特産品や特典が豪華になっていきます。

例えば、私の出身地である三重県伊賀市では、伊賀牛、伊賀米コシヒカリ、忍者グッズなど伊賀市の特産品や伊賀ぶらり体験セット(忍者&芭蕉体験セット)なんかも選べます。

 

ふるさと納税では、佐賀牛、近江牛、飛騨牛などのブランドの牛肉が人気です。

また、一部の自治体に限られますが、ポイント&カタログ制のふるさと納税もあり、寄付をすると特産品の代わりにポイントが付与され、ポイントを使って好きな謝礼品を選ぶことができます。

紙袋観光客

まとめ

ふるさと納税は、実質2,000円で気になる特産品を手に入れたり、地域を応援したり出来る仕組みです。

そして、寄付金として地域の税金の使い道を指定できるということが他の税金と違うことで、これを利用することで政治に参加することにもつながるので、日本人の政治に対する意識を増やすためにも、一人でも多くの人に知ってもらいたい制度だと思います。

もし、あなたの周りでふるさと納税に興味がある人がいましたら是非伝えていただきたいものです。

特産品で選ぶのもよし、地域で選ぶのもよし、使い道で選ぶのもよし。

まずは利用してみてはいかがでしょうか?


本を耳で聴きたい方はこちら