相手に合わせて作る一番化。そして一番を習慣に!『まずは一番になりなさい』2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まずは一番になりなさい

あなたは今現在、何かで一番だといえますか?

一番を目指していますか?

一番になりたいでしょうか?

一番になるとどんな気持ちがするでしょうか?

 

少しでも「一番になりたい」「一番になれたらいいな」という気持ちがあるなら、一度内容を見てみてください。
あなたにも十分可能性はあります。

 

この記事は【あなたも社内で一番になれることがある!小さな習慣からが大事!『まずは一番になりなさい』1】の続きです。

 

※現在10000冊プロジェクトというものに参加中です。

10000冊プロジェクトでは、1年間に100冊の本を読み、それをアウトプットすることを目標としています。
⇒【10000冊プロジェクト】

 

『小さなことでいいから、まずは一番になりなさい。』

著者:髙田稔

■本について

発行日:2012年9月3日

評価:★★★☆☆ (所要時間:1時間20分)

読破冊数:17冊/100冊

■こんな人におすすめ

  • 仕事で成果を出したい
  • 仕事を楽しみたい
  • 人生を楽しみたい
  • 好きなことで生きていきたい
  • 一番になりたい

 

■概要

CHAPTER1では、小さなことでいいから、とにかく「一番」を目指すという内容で、小さな一番を達成することで、プラスのサイクルがまわりはじめるということをお伝えしました。

そして、CHAPTER2では、小さな一番を達成した後に大きな一番を達成するための、「自分の強み」を発見する方法を紹介しました。

 

そして、CHAPTER3について紹介していきます。

CHAPTER3 相手にマッチングする「一番」をつくりなさい

ここまでで出てきた「小さな一番」は、あくまでも成果を出すための入り口にすぎません。営業マンであれば、売上成績のアップにつなげて、いずれはトップセールスという大きな一番へとつなげていく必要があります。

「小さな一番」をきっかけに「大きな一番」をつかむうえで大切なのは、「自分の強み」と「相手のニーズ」とをマッチングさせること。

つまり、

「自分の強み」✕「相手のニーズ」=成果(大きな一番)

 

自分の強みとは、いわば競合との差別化。マーケティング用語で言えばUSP(Unique Selling Proposition)を確立することです。

ビジネスは、自分自身や商品・サービスを認知してもらうことからはじまります。何はともあれ、存在を知ってもらわなければ、買ってもらうことはできません。

もちろん、「相手のニーズ」を探る活動も重要です。

これを怠って良いわけではありませんが、「自分の強み」を明確にし、それをアピールできれば、「相手のニーズ」を探るプロセスを大幅に短縮できます。

それでは、どのように「自分の強み」をアピールすればいいのでしょうか?

それは、「旗」を立てるということです。

「自分の強みは、これです」と「旗」を立てなければ、どんなにすぐれた能力をもっていても、成果には直結しません。

近年は、インターネットのおかげで旗を立てやすくなっています。ブログやFacebook、ツイッターなどソーシャルメディアが盛んで、これらは個人で「旗」を掲げるうえで強力な武器となります。

これをするうえでポイントがあります。それは、情報を絞るということです。

積極的に絞り込んだ情報を継続的に発信していけば、「あの人は、〇〇に詳しい専門家だ」というイメージが定着し、自分の強みの「旗」を掲げられます。

「〇〇といえば、××さん」というような強みのもとで存在感を出して「旗」を高く掲げれば、認知してもらうことができます。

フラッグ

インターネットの世界には「AISAS」というマーケティング用語があります。

A (Attention:注意)
I (Interest:興味)
S (Search:検索)
A (Action:購買)
S (Share:共有)

現在、ソーシャルメディアがビジネスにおいて重要なツールになっているのは、とくに「Share」(共有)の部分の役割を担っているからです。自分が直接、情報発信をしなくても、情報が多くの人に拡散され、共有されていきます。

たとえ職場のオフィスだとしても、その中は人間関係によって成り立っているので、ソーシャルメディア上よりも広く、密度の濃い評判が独り歩きしていきます。

組み合わせで一番をめざす

自分一人の力だけでは、相手が抱える問題を解決できないケースが多くあります。とくに、まだ経験が浅いビジネスパーソンは、相手のニーズを完全に満たすような強みを発揮するのは難しいでしょう。

そのようなときは、「組み合わせで一番をめざす」という方法が有効です。

すべての仕事で100点をめざそうとしなくてもかまいません。自分が60点の仕事しかできなくても、同じく60点の人と組めば、120点の仕事ができます。複数で仕事をすると相乗効果があるので、120点以上の仕事になるかもしれません。

 

さらに、弱みを引き上げるより、強みをさらに伸ばすことも有効です。

マルチプレイヤーをめざすより、一芸に秀でることが必要です。

今は、個人も「選択と集中」の視点で、仕事に取り組む時代なのです。

 

CHAPTER4 自分の「一番」を活かす習慣を身につけなさい

弱みを逆手にとる

仕事で成果が出ない人、うまく言っていない人は、ついマイナス思考に陥り、「自分はダメだ」と思い込んでしまいます。

しかし、視点をかえれば、弱みだと思いこんでいることを、強みに変えられることがあります。

つまり、「ダメな自分だからこそ、できることがある」ということです。

また、自分が思い込んでいる自分自身と、まわりの人が見ている自分とはまったくイメージが異なるケースがあります。

たとえば、自分は「仕事が遅い」と思っていても、まわりの人からは「仕事が丁寧だ」と思われていたり、自分が「クリエイティブな能力がない」と思っていても、まわりの人からは「実務家で、確実に仕事をこなす」というようなことです。

 

一番の人のマネをする

一番化の近道のひとつは、一番の人をマネすることです。そして、一番の人をマネするときは、「行動」だけでなく、「思考」からマネしてください。

つまり、「何をしているか」ではなく、「どういう考え方で仕事をしているか」に注目するのです。

 

そして、ここからは多くのビジネス書などに書かれていることが、書かれていましたのでざっと紹介していきます。

著者の私は、本やセミナーなどで何度も目にしたり、聞いたりする内容でした。つまり大事なことだということです。

24時間以内に小さな行動を起こしなさい

一番化に失敗しても失うものはないです。つまり、小さな一番をめざすことに、リスクなどひとつも存在しないのです。

つまり、これをやろうと決めたら、24時間以内になんらかの行動を起こすというノルマを自分に課すということです。これを心がけることで、一番化戦略にもスピード感が生まれます。

具体的な目標を設定する

目標は、20%増の目標で、大きすぎず、小さすぎず、具体的な数値目標を設定するということです。

集中する時間をつくる

これはあまり聞かないですが、どういうことかと言うと、「やる気が出ない」「挫折しそう」というときに、「短時間で集中的に一番化の行動をする」こと。つまり、集中する時間をつくるのです。

「一番になる」と宣言する

人生はセルフイメージで決まるということです。つまり、「自分は将来こうなりたい」という姿を強くイメージすればするほど、現実の人生もそのイメージに近づいていきます。

一番化の目標を宣言すると、適度なプレッシャーがかかり、簡単にはやめられなくなります。また、人は頑張っている姿を見ると応援したくなるものです。

 

■この本で学んだこと

まず「一番になる」ということについて、ハードルが高いと思っていましたが、この本を読むと「そんなことでいいんだ!」と思えるようになりました。

そして、小さな一番になることで、プラスのサイクルが回りだし、様々な恩恵を受けることができるということに、この本を読み進める中で納得できました。

そして、その小さな一番から始まって大きな一番を達成するためにどのような過程を踏めばよいのかということが、この本を読むなかで分かります。

自分の好きなことや得意なことの見つけ方。相手のニーズに合わせた一番。そしてどのように習慣としていくのか。ということが学べました。

私が必要だと思えたことは、まずは小さな一番を達成するためにすぐ行動するということですね。

 

■目次

はじめに

CHAPTER1 小さなことでいいから、まずは「一番」をめざしなさい

CHAPTER2 自分の強みで「一番」をめざしなさい

CHAPTER3 相手にマッチングする「一番」をつくりなさい

CHAPTER4 自分の「一番」を活かす習慣を身につけなさい

おわりに

 


本を耳で聴きたい方はこちら